MRになるために必要なこと

MRという仕事に就くには、薬についての専門的かつ幅広い知識を持つことが必須となります。独学で勉強する人もいるかもしれませんがかなり大変です。ほとんどの場合、製薬会社やMR派遣企業に入社して、所定の研修を受けた上で認定試験に合格すればMRの認定証がもらえ、資格を取得できます。資格を取るために必要な事、さらに求められる人材について解説します。MRをめざして求人情報を探す人にとってのお役立ちページです。

MR資格というものがある

多くの場合、製薬会社やMR派遣企業に入社をして、会社(外部委託もあり)で所定の研修を受けることで、(財)医薬情報担当者教育センター」の主催で行われるMR認定試験の受験資格を得ることができます。その研修とは、、基礎教育が300時間以上、実務教育が150時間以上となっています。個人で受験することもできますがやはり所定の研修が必要です。個人の力で資格を取得するのはかなり至難の業ですので、製薬会社か派遣企業に入社する事をおすすめします。

MRにはどんな人材が求められているか

資格取得に関する事以外に、MRという仕事に相応しい人物像についてはこう考えます。医師や薬剤師と、忙しい時間の合間を縫ってスケジュール管理をしながら訪問するという業務の性格上、例をあげると「時間に正確で約束をきちんと守れる人」や、「コミュニケーション能力に長けていて説明がスムーズにできる話術のある人」というのは大事な条件です。また、「自社の製品知識が豊富で向上心があり、勉強熱心な人」などが思い浮かびます。MR資格を持っている上に人材的にも相応しいというものであれば理想的なMRになれると思います。